武家屋敷

武家屋敷

松江市の文化財である武家屋敷は、江戸時代初期から松江藩の六百石程度の中級藩士が、屋敷替えによって入れ替わり住んだところです。
現在のこの屋敷は、1733年(享保18年)の大火で焼失後再建されたもので、約270年前の古い姿のままよく保存され、松江市の文化財に指定されています。

島根県松江市北堀町塩見縄手
主要拠点からの所要時間
JR 出雲市駅から
 
一畑電鉄 出雲大社前駅から
 
出雲空港から
 


松江市の文化財である武家屋敷は、江戸時代初期から松江藩の六百石程度の中級藩士が、屋敷替えによって入れ替わり住んだところです。
現在のこの屋敷は、1733年(享保18年)の大火で焼失後再建されたもので、約270年前の古い姿のままよく保存され、松江市の文化財に指定されています。

28.武家屋敷
(有)出雲観光タクシー連絡先

所在地 〒699-0722 島根県出雲市大社町北荒木854-3
電話 0853-53-6010 FAX 0853-53-6020 IP電話 050-7502-7648
会社概要はこちら